オリジナルテキスタイルのwoo_textile、それを服にするokara_craft_works、年に一度の家を使っての展示のこと。そして、十年近くエコフレンドリーな雑貨を扱って来た私たちの、日々を気持ちよく回してくれる日用品の紹介をして行きます。

Wooの作品を常設で置いてくださっている熊澤酒造さんの「Okeba」。来月半ばから個展をさせていただく予定です。その前に、今日から配布される熊澤通信vol.2の実物をもらってきました。表紙になっている絵は、実際に昔、酒造りに使われていた麻布に描いたものです。こんな立派 ...

柄ってどうやって考えるのですか?とたまに聞かれます。私はモチーフなど置かずただ手を動かす事がほとんどで、写真2枚目のようにこれから描く面を見ながら頭の中で模様の配置と色を当てはめていると、自分でピッタリくるものが浮かぶ事もよくある。 形のヒントはこれまでに ...

自分の拙い手を動かしてせっせと縫い進めているOkaraこと、私はもう30年近く前にこども服のアパレルをやっていたのでした。オーガニックコットンという、今ではよく知られた素材も当時はどこもやっていない仕事でした。アメリカから生地を買い付けて始め、その後糸を輸入して ...

↑このページのトップヘ